2016.11.29

鞆の津ミュージアム「Re:解体新書」

2012年5月に広島県福山市鞆の浦に開館した「鞆の津ミュージアム」。最初に知ったのは流れてきたtweetの情報だったか、「こんな美術館があるなんて!」と驚いた。
アール・ブリュットの美術館と銘打ち、障がいのある人、ヤンキー、老人、死刑囚などを始めとする、これまで芸術の範疇としてあまり触れられることがなかった人々に焦点を当てた企画展を開催しているという。しかもこれまで一定の方向からのみ曖昧に語られていたようなことにまで切り込んでいて、HPを見ているとタイトルもテキストも良い意味でとても攻めているのだ。
 
これは気になってしょうがない。行きたい、行くしかないと思いつつも、いかんせんその存在を知ったのが子が産まれる直前だったため、これまでは過去の企画展をまとめた書籍「障害(仮)」、「シルバーアート」「ヤンキー人類学」を読んで期待を膨らませつつ、満を持して先週末、尾道を経由して「鞆の津ミュージアム」へ、初訪問を果たしました。
 
2016112515432442895_1d_3
 
現在、開催中の企画展は「Re:解体新書」
杉田玄白の翻訳書『解体新書』になぞらえて、「からだ」に焦点を当て、その多様なあり方にまつわる作品が展示されている。出展者は全部で11名で、筋肉画家、家紋研究者、元編集者、統合失調症とつきあいながら制作を続ける人、アーティスト、ドラァグクイーン、専業主婦などバラエティに富む。こうした「からだ」という誰にとっても普遍的なテーマをひもときながら、美術の外にあるものと中にあるものをないまぜにしていくキュレーションの卓抜さが、見る者の既成概念をがんがんと揺さぶってくる。
 
前述の「アール・ブリュット」とは、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェが提唱したもので、その訳は「生の芸術」。正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した作品を指している。私は若い頃からデュビュッフェの絵画が好きで、スイスのローザンヌにあるアール・ブリュット美術館も訪ねたことがある。ただ彼が提唱するように「教育を受けていない」ことが大事だと思っているのではなくて、そこはどちらでもよくて、個人の内部にあるものが境界ギリギリのところで裂けて爆発してしまったような、「見る/見られる」の関係性を超えたところにある作品に強く惹かれる。手描き地図を半世紀描き続けた増田善之助さんが好きなのも、空想地図が好きなのも、こうしたとめどない情熱が溢れ返っているところに理由のひとつがある。
 
今回の展示もそうした惹きつけられる作品ばかりで、なかには個人的に長く見続けることができない強烈なものもあった。まだ会期も長いので紹介はひとつだけ。
渡辺航一郎さんの作品は城や櫓といった構造物が面的に連鎖していく緻密なもの。彼は「家紋研究者」を名乗っており、絵をよく見るといたるところに家紋が登場する。加えて、現実にあるもの(例えば他の作品では、宮島の鳥居とか、高島屋の看板などが描かれている)と空想が混在する世界が描れている。渡辺さんの脳内と実空間の境界が表出した絵画群は見ているだけで吸い込まれていきそうだが、これは下書きなしで描かれていると伺い、さらに驚く。
 
Img_9205d
 
Img_9204
 
ちなみに一緒に行った3歳の子どもは、サエボーグさんの作品「HISSS」がいちばん好きとのこと。今後の企画展も楽しみでならない。また、絶対に行く!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.27

書籍『地図趣味。』発売です

Chizu111

新刊書籍『地図趣味。』が、7月27日に洋泉社より発売となりました。
 
偏愛する地図への思いが詰まった1冊。オールカラーで古今東西の素晴らしい地図を数多く紹介しています。地図や地形をモチーフとした菓子レシピも、こんな酔狂に誰が付き合ってくれるのか……と思いつつもムダに詳しく掲載。また、自身の地図づくりについてや、地図に関する2つの博物館への訪問記もあります。
 
私のとっちらかった原稿を編集の雨宮郁江さんがクレバーにまとめてくださり、またデザイナーのprigraphics川名潤さんが美しく仕上げてくださりました。ぜひ書店でもぱらぱらとめくってご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.25

KANAZAWA TRIAL STAY MAP

Kanazawa

「KANAZAWA TRIAL STAY MAP -試し住みのための地図-」
 
リアルな金沢の情報がコンパクトにぎゅっと詰まった地図ができました。
目的はその名の通り「試し住み」。金沢R不動産のメンバーが住みながらに集めた、まさに”イキの良い”金沢の情報を紹介した、30cm×75cmからなる蛇腹折りの1枚もの地図です。
 
もちろん金沢に旅行に行きたいな、と思っている人にもオススメです。宿泊施設やセレクトショップ、工芸店、美味しい飲食店から、子連れに便利な情報までも掲載。そしてこの地図を持って街を歩いているうちに思わず住みたくなってしまったら……、まんまと術中にハマってしまうという仕組みなわけです。
 
前にご紹介した「EAST TOKYO MAP」のシリーズ第3段で、編集も同じくアンテナの安田洋平さん 、そしてデザインは橋詰宗さんです。今回、私はベース地図制作を担当しています。
中身を見たい方はこちらで一部見ることができます。
 
そして地図が欲しい方、置いてある店舗はこちら。東京でも手に入ります。
またこちらに問い合わせれば、なんとフリーで3部まで郵送してもらえるそうです。旅のお供に、そして移住のお供にぜひ!
 
P4191128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.18

東京人5月号「東京凹凸散歩」

P4251159
雑誌「東京人」5月号特集「東京凹凸散歩」発売中です!
竹内正弘さんによる寄稿「山とお屋敷」ページにて、凹凸地図を制作しました。
今回の特集は東京のみならず、埼玉、千葉、神奈川と、関東近郊まで足を伸ばしています。また地理学に興味を持ったらまず手にする書籍、「東京の自然史」についてもまとめられています。
興味のある方、ぜひご覧になってみてください。表紙の絵は皆川典久さんによるタッチの美しいスリバチ断面絵図です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.02

『暗渠マニアック!』

81od8snvzql
 
書籍『暗渠マニアック!』が、柏書房より6月25日に発売となりました。著者は吉村生さん高山英男さん。著者二人の異なる目線で、暗渠が様々な角度から語られ&解説されています。

私は今回、地図制作を担当しました。
デザインは加藤賢策さん&内田あみかさん(ラボラトリーズ)。

Ankyo

表紙はクロコという凹凸のある紙でマンホール蓋をイメージ、その下に水(水色の紙)が流れているという見立て!

マニアックとは題していますが、「暗渠って何?」という初めての方にも、とても分かりやすい内容。同じ趣味嗜好とはいえ、好みのツボは各々異なるものであること&それで良いのだということを、二人の書き手の思いがクロスすることによって思い起こさせてくれます。

興味のある方、よかったら本屋さんで覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.23

ピロリ菌との蜜月

昨年末にピロリ菌を除去した。

きっかけは健康診断で引っかかったことから。専門医を紹介され、そこでこれまで私内に君臨する「胃の王様」にどれほど仕えてきたかを話しました。

そう、私のここ15年はずっと胃への配慮と共にあった。1ヶ月に2度ほど、胃が心臓のようにドクドクと脈打ち始め、じわじわと痛みがやってくる。胃の中身を消化するまでの4時間ほどは痛みが続き、薬も効かない。新たに食べ物を口に入れたらその分痛みは長引く──。

これが辛くて、初めの数年は胃腸科にせっせと通い、胃カメラを飲むも「慢性胃腸炎」という病名が下されるのみで有効な対処法も見つからなかった。怪しげな漢方薬にも手を出したけれど、気休めにしかならなかった。

けれども人は慣れるもの。月に数回レベルなこともあり、「胃の王様」に従ってやり過ごすようになっていく。痛くなったら食べ物ストップ、翌日はびくびくしながらあっさりしたものからスタート。そうして「食べたいものを食べる」ことを止め、「胃に優しそうなものを食べる」こと10数年、昨年まで過ごしてきた。

と、前置きが長くなったのですが……、そうです。ピロリ菌除去によって胃痛がなくなったのです!全くもって!

私の鬱屈とした「胃の王様」話を聞いた医者は、「ピロリ菌の可能性が高いですね。保険適用になったことだし、ここは一発、やっつけちゃいましょう!」と軽やかに言ってのけた。胃カメラを飲み、大量の抗生物質も一週間飲んだ。今年の2月に呼気検査をし、軽やかな医者からも「やっつけましたよ!」との朗報をいただいた。

除去から半年、今ではこれまでの胃痛の感覚を正確に思い出せないほど。これはたいへん幸せな日々です。ええ昼にカレーだって食べられます。ただ治らないのは「食べたいもの」への欲求が欠如したままなこと。ピロリ菌との蜜月が長かったせいか、無意識に食への欲求を避ける癖がなかなか抜けないままなのです。

個人的な経験談を書きたい気持ちが溢れ長くなりましたが、結局何が言いたいのかというと、ピロリ菌除去、胃に悩む方にたいへんお薦めです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.31

野方団地お散歩地図

Nogatamap

1959年築の初期公団団地が改修を経て復活!
ここ「UR野方団地」はこんもりした緑に守られるように建つ、5棟からなる小ぶりな団地。5棟中2棟はなんとスターハウス!なのですが、詳しくは団地R不動産のこの記事に。
 
このたび、UR都市開発機構による再募集に際し、野方周辺のお散歩地図をつくりました。編集は団地R不動産の千葉敬介さんと塩津友里さん。彼らの鋭い嗅覚によりピックアップされた情報を図化したのが、OpenAの福井亜啓さん。このイラストの緻密且つあたたかな雰囲気は、野方のイメージにぴったり。私はデザインを担当しました。初めてレトロ印刷にトライしてみましたが、イラストの繊細さはそのままに春らしい(募集時の)仕上がりとなりました。
 
Nogata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.20

東京人『凸凹地形と由緒でめぐる東京の神社』

こちらも発売中の雑誌『東京人』4月号。「凸凹地形と由緒でめぐる東京の神社」特集扉ページにて、東京中心部の凸凹神社地図を製作しました。

Dimg_3673
こうして見ると地形のヘリに建っている神社が多いことが歴然。そもそも神社とは?とのQ&Aからビルの谷間に建つ神社まで、オール神社特集です。よかったら本屋さんで覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.19

涸沢カールの等高線ケーキ

Simg_3655

現在発売中の山雑誌「ワンダーフォーゲル」4月号に、涸沢カールの等高線ケーキが登場。
S
編集部の高橋さんが挑戦するという企画、私は「教えてくれた人」としてちょこっと出ています。ケーキづくりは予想以上にたいへんだったようで、製作後に高橋さんからいただいた電話の声は疲れ果てていました……。よかったら本屋さんで覗いてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.08

東京人『東京駅とまちの100年』

81myov78uil_2

「東京人」2015年1月号『東京駅とまちの100年』が、12月3日に発売されました。東京駅は今年で開業100周年。開業当時の貴重な写真から将来の展望まで、東京駅にまつわるあれこれが総特集されています。
 
そのなかで今回、私は「巨大地下ネットワークの路上観察」と題して、東京駅の地下空間について書きました。東京駅から広がる地下通路を四方八方へと歩き巡り、地下で見つけた偏愛対象について至極勝手に綴っております。
 
また、昭和女子大学の田村圭介先生のインタビューも担当しました。記事内容は、田村先生と田村研究室の皆さんが出展する、東京ステーションギャラリーの「東京駅100年の記憶」展について。
お話を伺っているだけでもうわくわくしているのですが、なんと今回の展示では、東京駅の1/200模型を天井から吊すとのこと! 巨大な交通網を可視化するべく、地下通路やコンコースも人が歩く場所はすべて模型にする予定。つまり観覧者の私たちは大深度地下から、200倍の巨人になって東京駅を見上げることになるのです。これは必見です。
展示は今月13日から来年の3月1日まで。もし興味のある方、ぜひ雑誌を読んで、展示を見に行ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«地形スイーツ大試食会