2016.11.29

鞆の津ミュージアム「Re:解体新書」

2012年5月に広島県福山市鞆の浦に開館した「鞆の津ミュージアム」。最初に知ったのは流れてきたtweetの情報だったか、「こんな美術館があるなんて!」と驚いた。
アール・ブリュットの美術館と銘打ち、障がいのある人、ヤンキー、老人、死刑囚などを始めとする、これまで芸術の範疇としてあまり触れられることがなかった人々に焦点を当てた企画展を開催しているという。しかもこれまで一定の方向からのみ曖昧に語られていたようなことにまで切り込んでいて、HPを見ているとタイトルもテキストも良い意味でとても攻めているのだ。
 
これは気になってしょうがない。行きたい、行くしかないと思いつつも、いかんせんその存在を知ったのが子が産まれる直前だったため、これまでは過去の企画展をまとめた書籍「障害(仮)」、「シルバーアート」「ヤンキー人類学」を読んで期待を膨らませつつ、満を持して先週末、尾道を経由して「鞆の津ミュージアム」へ、初訪問を果たしました。
 
2016112515432442895_1d_3
 
現在、開催中の企画展は「Re:解体新書」
杉田玄白の翻訳書『解体新書』になぞらえて、「からだ」に焦点を当て、その多様なあり方にまつわる作品が展示されている。出展者は全部で11名で、筋肉画家、家紋研究者、元編集者、統合失調症とつきあいながら制作を続ける人、アーティスト、ドラァグクイーン、専業主婦などバラエティに富む。こうした「からだ」という誰にとっても普遍的なテーマをひもときながら、美術の外にあるものと中にあるものをないまぜにしていくキュレーションの卓抜さが、見る者の既成概念をがんがんと揺さぶってくる。
 
前述の「アール・ブリュット」とは、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェが提唱したもので、その訳は「生の芸術」。正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出した作品を指している。私は若い頃からデュビュッフェの絵画が好きで、スイスのローザンヌにあるアール・ブリュット美術館も訪ねたことがある。ただ彼が提唱するように「教育を受けていない」ことが大事だと思っているのではなくて、そこはどちらでもよくて、個人の内部にあるものが境界ギリギリのところで裂けて爆発してしまったような、「見る/見られる」の関係性を超えたところにある作品に強く惹かれる。手描き地図を半世紀描き続けた増田善之助さんが好きなのも、空想地図が好きなのも、こうしたとめどない情熱が溢れ返っているところに理由のひとつがある。
 
今回の展示もそうした惹きつけられる作品ばかりで、なかには個人的に長く見続けることができない強烈なものもあった。まだ会期も長いので紹介はひとつだけ。
渡辺航一郎さんの作品は城や櫓といった構造物が面的に連鎖していく緻密なもの。彼は「家紋研究者」を名乗っており、絵をよく見るといたるところに家紋が登場する。加えて、現実にあるもの(例えば他の作品では、宮島の鳥居とか、高島屋の看板などが描かれている)と空想が混在する世界が描れている。渡辺さんの脳内と実空間の境界が表出した絵画群は見ているだけで吸い込まれていきそうだが、これは下書きなしで描かれていると伺い、さらに驚く。
 
Img_9205d
 
Img_9204
 
ちなみに一緒に行った3歳の子どもは、サエボーグさんの作品「HISSS」がいちばん好きとのこと。今後の企画展も楽しみでならない。また、絶対に行く!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.08

東京人『東京駅とまちの100年』

81myov78uil_2

「東京人」2015年1月号『東京駅とまちの100年』が、12月3日に発売されました。東京駅は今年で開業100周年。開業当時の貴重な写真から将来の展望まで、東京駅にまつわるあれこれが総特集されています。
 
そのなかで今回、私は「巨大地下ネットワークの路上観察」と題して、東京駅の地下空間について書きました。東京駅から広がる地下通路を四方八方へと歩き巡り、地下で見つけた偏愛対象について至極勝手に綴っております。
 
また、昭和女子大学の田村圭介先生のインタビューも担当しました。記事内容は、田村先生と田村研究室の皆さんが出展する、東京ステーションギャラリーの「東京駅100年の記憶」展について。
お話を伺っているだけでもうわくわくしているのですが、なんと今回の展示では、東京駅の1/200模型を天井から吊すとのこと! 巨大な交通網を可視化するべく、地下通路やコンコースも人が歩く場所はすべて模型にする予定。つまり観覧者の私たちは大深度地下から、200倍の巨人になって東京駅を見上げることになるのです。これは必見です。
展示は今月13日から来年の3月1日まで。もし興味のある方、ぜひ雑誌を読んで、展示を見に行ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.09

2つある

「母乳を練り込んだパスタを客に勧めて、やんわり残される」という夢を見た。

現在、4ヶ月乳児を育てるなか思っていたよりも大変だったのが授乳。母体も生き物であるだけに「産まれました!はい、毎回100mlずつの乳が出ます」とはシステマチックにいかなくて、出なくても出過ぎてもトラブルが頻発。私と娘も需要と供給のバランスが整わず、これまで様々な壁にぶちあたってきた。

現在は日に9回各15分ほど、これまで4ヶ月で約270時間、修行僧のように淡々と黙々と遂行されてきた授乳。いきおい頭のなかは禅問答のようになり、昨日は「なぜ胸は2つあるんだろう」と考えていた。冒頭の夢も夜間授乳の間に見たもので、客は娘だろうか、トラブル続きで弱腰の自分が投影されているようであります。

その娘も3ヶ月時のグーから進歩を遂げ、右手と左手を握り合わせるようになった。そうすることで「どうやら手は2つあるらしい」と発見したようで、今日も満面の笑みを浮かべて揉み手をしています。そう、手もなんで2つあるんでしょうねえ。

Chi
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.04.04

神秘の「グー」

Imjage
 
「人間の網膜は見る物を平面としてしか捉えられないけれど、経験によって空間を認知している」ようなことを、いつだか何かの本で読んだ。そこで腑に落ちたのが、私は壁を観察するときの目線が網膜レベルになっていたこと。頭をからっぽにして目に忠実に歩いていると、街がのっぺりとした平面になり、気になる壁がぐんとクローズアップされてくる。それが面白くてたまらないことを。
 
なぜ今それを思い出したかというと、三ヶ月に入った娘の行動から。寝転んでいる娘は手を「グー」のかたちに握り、天に突き出すように持ち上げ、しげしげと眺める。そして今度はその「グー」を口のなかにまるっと放り込み、盛大にしゃぶり始める。この一連の行動が、空間認知の第一歩だと知ったからなのです。
 
新生児期の赤ちゃんは自分の手をそれと認識しておらず、手は制御の効かない不思議な動きをしている(娘の場合は、歌舞伎さながら見栄を切ったりしなをつくったり、たいそう優雅でした)。一ヶ月が過ぎる頃からだんだんと視力が上がり周囲をきょろきょろし始め、二、三ヶ月頃には自分の拳「グー」を眺めるようになる。
 
そしてここからが面白い!その拳を口に入れることによって、自分の目で見た平面の「グー」が立体であることを認識していくという。よーく見ていると「グー」を口に入れた後、また天に突き出し今度は「グー」の角度を微調整していろんな方向から眺めているのです。
 
あんな小さな拳にそんな神秘がつまっているのかと思うだけで、乳児観察も俄然エキサイティングになってくる。娘は拳のみならずあらゆる物体をそのままの形で捉え、興味深そうに目を輝かせる。本人にしてみれば意味をなさない物体が次々と現れて、毎日がおそろしいほどに新鮮なのだろうなあと。そこで私も壁だけではなく、意識的にではあるけれど、娘の見る世界をすこしでも共有したいと試みる日々であります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.31

地図カフェvol.1

Img6955

5月22日(日)に「地図カフェvol.1-地図ってなに?」を開催しました。
石川初さんの地図レクチャーを3パートに分け、カフェ休憩を挟みながらフルに贅沢に味わっていただこうという今回の企画。詳細はこちら
雨が降るなか、38名の方に集まっていただけました。
お越し頂いた方、どうもありがとうございました。

会場は新宿区内藤町に建つ一軒家、ラ・ケヤキで。
1階の3部屋を使って、一番広いホールをレクチャー部屋に、残りの和室と居間の2部屋にはそれぞれテレビを置き、リアルタイムでレクチャー部屋の中継が流れるようにしました。
地図とふれあいながら、お茶でも飲んでのんびりしてもらえたらなー、というのがそもそもの企画メンバーの原案。
そこで各部屋に講師セレクトの「地図にまつわる本棚」も設置し、レアものの地図から、どこが地図に関係しているの?と首をひねる本まで、幅広くみなさんに楽しんでいただきました。

Img_6890 Img_6885 Img_6895_3

そして今回、私はカフェメニュー担当を仰せつかったので、地図菓子を作ってみました。
一品目が一番上の写真に登場した、その名も「地層ムース」です。
新宿区は大きく分けて、北側が武蔵野面、間に低地を挟み、南側が下末吉面、と地形の変化に富んだ場所。そこで貝塚爽平さんの著書『東京の自然史』を参考に、会場の内藤町が位置する下末吉面[淀橋台]の断層を7層で再現してみました。
※右側の「山の手台地から下町低地にかけての様式的な断面」は貝塚さんの本より転載です。図中では下末吉面はS面と記述されています。

Chisou2_3 1_2

ここでの目標は、地層の色や堅さ、粘り度などの再現で、味は二の次です。(あ、食べて頂いた方すみません、怪しい食材は入っていませんので!)
立川・武蔵野ローム層は赤土で下末吉ローム層だけ粘土質が強い、この差をどうするか、上総層群の岩盤質はどうやったら舌で味わってもらえるか、など試行錯誤を重ねました。
途中、上総層群の堅さ表現に失敗し容器が溶けたり、東京層が液体のまま固まらなかったりなど、いろんな問題がありました……地層は長い長い時の積み重ねで出来ていることを今回ほど痛烈に感じたことはありませんでした。

当日は「地形を味覚で感じてもらう」のですから、「ここはチョコムース?」などと訊ねられても「武蔵野ローム層です。」と、頑なまでに材料を秘密にしました。
ですが、もし、もしも作りたいという危篤な方用に材料のネタばらしを。

・地表に映えているケヤキの木/ブロッコリー
・地表面/ピュアココア
・立川ローム層/チョコムース
・武蔵野ローム層/ダークチョコムース
・下末吉ローム層/生チョコ
・上部東京層/黒ごまムース
・上部東京層から出土された化石/くるみ、ピーナッツ
・東京礫層/ブラックココアクッキー
・下部東京層/黒ごまムース
・上総層群/ブラックココア入りチョコレート

です。上総層群は抜群に堅かったようで、そこにスプーンが刺さって進まない皆さんを目の前に小さくガッツポーズでしたが、礫層のクッキーが柔らかくなってしまったことなど反省点は多々あり。

あともう一品、「地図サブレ」をつくりました。
牛が振り返っている姿、のようにもみえるこのかたちは「新宿区の1/70000図」です。

Img_6974_2

左上のとんがっている耳が落合南長崎、しっぽが四ツ谷です。首の付け根が神田川沿いの中野区が食い込んでいる小滝橋あたり。中野区に対して、新宿区がちょっと膨張してしまいました。
すこし見えづらいですが、「SHINJYUKU−W」と真ん中に刻印し、会場の場所に点を打ちました。
食べているときに、新宿区を思い起こしながら「高田馬場を食べてる!」などと感じていただけたのが何よりの喜びでした。

地図カフェは連続開催の予定です。
このさきの日時はまだ未定なのですがまた決まったらお知らせしますので、ご興味のある方、よかったら足をお運びください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.12

チンドン屋のこと、そして一ヶ月

20110409_91024_2

先週、密買東京にてチンドン屋の紹介をしました。

取材をしていたのは2月半ば、今思えばのんびりとした東京の冬空の下で、「懐かしい」イメージの音楽を聴いていたのだな、と。
震災前と後であらゆる事柄が頭で瞬時に区別されてしまう癖がつき、前をことさら感傷的に思ったりもします。その後に地続きであることを思い起こし、手動的な感覚で接続する。最近はそれをせっせと繰り返しています。

チンドン屋に関する体験は人によって様々だと思うのですが、そうそう簡単には忘れることができないインパクトを伴って残る、なんせ音や色がすごいのです。
私が初めて見たのは3年ほど前、大人になってから。高田馬場駅で買い物をしていたときに、音楽が聞こえてきてはっとし、店の外を通りかかった派手な服装の人々の後ろを思わず追いかけました。
そのときの感情が「懐かしい」でした、見たこともなかったくせに。
昔見た映画で、読んだ文章で、既視感(既聴感?)を、勝手に感じていたのかと。自分の記憶の捏造っぷりに混乱させられることしきりです。

その後チンドンあづまやの足立さんとお仕事をされた方と知り合ったので、「紹介してください!」とお願いし、今回の記事となりました。
そして震災直後の余震の続くなか、現実逃避しながら記事を書き、写真や動画を編集し、チンドンの音や色に没入していたことを、あれから一ヶ月が過ぎたいま振り返っています。

聞いたこともなかった「懐かしい」音楽。自分にとっては震災前と後をまたいで繋がっている音楽であり、これからも接続するときの種類不明な感情とともにこの懐かしさを連想するのかと思います。ごく私的に。

気持ちがまとまらないままですが、宣伝をすこし。
このような時期だからこそ、とか軽々しく言うつもりは無くて、ただ楽しいことがすこしずつ増えていったらいい、そのときにふとチンドン屋のことを思い出して、いつかなにかの機会に使ってもらうことができたらさいわいです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.04

ミクロのとりこ

1_3

昨日から、密買東京サイトで「携帯デジタル顕微鏡」の紹介をしています。
このトップページの画像は迷った末、野口英世の目にしました。
ちょっとこわいかも、すみません。あ、でも、ひるまない方は、記事内でもっと英世の目にアップした画像も紹介してるので、ご覧になってみてください。

くわしくは密買サイトにまかせるのですが、デジタル顕微鏡すごい面白い!
小さな異世界にいったん飛び込むと、戻ってこれなくなりそうです。
やみくもに撮りまくった画像がたまってしまったので、しつこくご紹介させてください。

20100802_11740 Img0103
(左)スイカみたいな赤色の印刷物。マゼンダにブラックのアミ点が等間隔に入る。
(右)グレー単色だと思っていた挿し絵。濃淡によって出る絵柄がかわいい。

Img0213 Img0109
(左)写真集の空の一部分。FMスクリーンという技法をつかうとアミ点が規則的じゃなくてまばらになるそう(「デザインのひきだし」編集の津田さん談)。スーラの点描をほうふつ。
(右)特色をつかっているため、網点の色がCMYKじゃない。だから拡大しても同じ色!

Img0079 Ogawa
(左)白一色で厚く塗られたインキ部分が外壁のようだけど、これも印刷物。ここまで拡大するといろいろと似てくる。
(右)ユーロ紙幣に描かれた地図の拡大。なぜこんなに可愛らしい黄色い丸がいたるところにあるんだろう。紙幣はどの場所を拡大しても絵になる。

Img0076 Img0368
(左)銀色の紙を拡大。ホログラム加工がされていて光が粒状になってみえる。
(右)ガラスにも押し当ててみた。縦に走る線は網入りガラスの針金。肉眼ではみえない気泡も。

Img0381 Img0389
(左)エレベーター階数表示に使われていたLED表示ランプ。
(右)iPhoneの画面。RGBの3色が規則正しく並んでいて、印刷物とは違う色・形のドットがみえる。

もともと自分がミクロ視点だからよりそうなのかもしれないのだけど、半径5メートル以内で余裕で一日遊べます。そしてそれぞれの材料に興味がどんどん湧いてくる。
まだ見つけられていないのだけど、津田さんによると「紙魚」を見た時の戦慄はすごいものだった!!!とのことです。紙魚(=シミ)とは古い本に挟まっていて、開くとたまにささっと走る小さな小さな虫だそう。

あと、人間や動物の皮膚もとても面白いので、次はお盆にじまんの祖母の皮膚をねらう予定です。楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.19

磁性流体ふしぎ観察キット

Pb182760_2

昨年からずっと目をつけていた「磁性流体ふしぎ観察キット」。
がまんできず、横浜の三菱みなとみらい館で購入しました。

↑の画像が、自慢の「スパイク現象」。
グロテスクといえばグロテスクだけど、かわいいといえばかわいい。

磁性流体とは-

流体でありながら、磁性を帯び、砂鉄のように磁石に吸い寄せられる性質を持つ機能性流体(smart fluid)の一つ。1960年代の初めに宇宙空間の無重力状態の中で、宇宙船内部の液体燃料を送るにはどうすればよいか、というNASAのスペースプログラムのなかで開発された液体材料である。
永久磁石などの磁場を発生する物を至近距離に置くと、その磁力線の流れに沿って磁性流体から角が生えたような突起が形成される。これをスパイク現象という。

買ったのはこんなキットで、封を開けると、磁性流体ボトル、ネオジウム磁石、ボルト、ナット、シャーレ 、スポイトなどが入ってます。
磁性流体が入ってるボトルは、お寿司に付いてくるしょうゆみたい。

Pb182766    Pb18211770

Pb182752

シャーレに磁性流体を出す。

Pb182750

磁石を底面からくっつけた。ぎざぎざが見え始めている!
で、冒頭のスパイク現象の画像につながります。
スポイトで磁性流体を少しずつ垂らすと、刻々と変化していくのでじぃっと見惚れてしまう。なんて妖しくて艶やかなんだ!
どうしてこんなになるのか原理はまったく理解できないのだけど、いかにも堅そうな質感の物体がうごめく姿は、金属材料好きにはたまらない感覚でした。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.10.08

キューピーハーフ

Halfs

Half Half3_2

街で見つけたキューピーハーフ。(ちょっと地味)

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

スズナリ

95_2 9

錫(スズ)です。
これは溶解後に再度固まった姿。

P8558
棒状の錫を上野御徒町の「わがた」という材料屋さんで購入したので、溶かしてみました。

Imgp8561 
加熱後5分もしないうちに溶けてきて、熱が強くかかったところからぽろっと分解。

Imgp8566
みるみる溶けていく。ちょっと固体部分が残っている、ただいまドーナツ型。

Imgp8568
全体が液状に。表面にうっすら膜ができて美しい。触りたい衝動をこらえる。

この後の工程としては、型に流し入れ好きな形に固めるのだけど、ただ溶かしたい衝動に突き動かされのちのちの事は何も考えていなかった為、とりあえずアルミホイルの受け皿にこぼれた形でとどめました。
今度は型枠作ってから、またちゃんと溶かそう。

18
これは使い終わったボウルに残った錫のアップ、素材だけでもなんて力強い。

錫は沸点が低い上に柔らかいのですごく加工がしやすい。固体の状態でも柔らかいので手でも曲げることができちゃう。
この曲げるときに出る音「=スズナリ」も魅力的。音を録音して流したい気持ちでいっぱいですが、技量不足。「シャリシャリ」が近いのかな。
一度触ってみて欲しい、夏のオススメ金属です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

仕事 | 写真 | 地図 | 地域 | | 工事中 | 生活 | 観察