« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.29

シンクロナイズド

Pa230059_4

梅田スカイビル中央広場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿治川河底トンネル

大阪に行ってきました。
地下街にいっぱい行けて、地下鉄にもたくさん乗れた、満足。
私が地下地下とうるさいので、地元の友人が素敵なところに連れて行ってくれた。
JR環状線西九条駅から南へ少し行った「阿治川隧道」、河底を掘って両岸を繋げたトンネルでした。分かってくれているなぁ、友よ。

R0011238_3

係員さんに聞いたことなどメモ。
・昭和10年に着工、昭和19年完成
・もともと渡船場のあった場所であり、大阪港に入る船舶の大型化から橋を架けることができなかった為に、河底を掘る計画になった
・地盤の悪い大阪西部に位置することから、当時の土木技術最先端の「圧気潜函工法」を用いた。トンネルの主要部分は、沈埋函という鉄骨鉄筋コンクリートの角型チューブを掘った溝に埋め、その沈埋管の両端を先に沈めた建物の基礎の端部で支える、一種の「橋」のような構造
・車道2本、歩道1本の全幅11m、トンネル長80m、深さ14m
・一日の歩道者通行量、約8000人程度
・歩行者用エレベーターの周りを階段がらせん状にぐるぐる取り囲んでいて、階段でも下り上りできる

R0011230_3 R0011255_4

まさに地下に架かる橋でした。
写真左が人用のエレベーターで、右が車用エレベーター!
今利用できるのは人用だけで、車用は交通量の増加、車の大型化に対応しきれなくなって閉鎖してしまっていたけど、戦前にこんなトンネルを計画していた事自体にびっくりした。
立体駐車場に車を停める度に、あの中に一緒に車ごと上ってみたい、と思ってたものだけど、エレベーターで車ごと下りたり上ったりするのは、その感覚に近い。
しかも、地下は自分で走行だ、かっこいい。いいなぁ、車ごと。
今もし通れてたら、レンタカー借りてでも乗ってみたかったです。

あと、千歳渡船場に連れて行ってもらった。
渡船は市内8本あって、市民の足として無料で運行している。
さっきの河底トンネルも渡船もみんな自転車でそのまま乗っていた、ちゃんと足だ。
私が乗った渡船から見える風景は工場倉庫に橋にガントリークレーン、向こうには赤白の煙突までもが!普通に豪華で困る。
大阪市章のみおつくしマークも好き。

R0011220

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.20

Elevation Contours で標高を調べる

1  

Google map のマイマップコンテンツ「Elevation Contours」、便利です!
ALPSLAB route よりもピンポイントに標高を知りたい時によいサイト。

これは知りたいポイントをクリックするだけで、経緯と標高をすぐに教えてくれる。
あと、後ろにうっすらと走り巡る茶色の線は3m毎の等高線、幅は自分で指定できる。
なんてステキなんだ、このサイトは!
この後楽園駅も南側は標高4mだけど、駅の北側にちょっと行くだけで32mと急な登りになる。
四ツ谷とか六本木近辺もクリックしまくると差が感じられてとても楽しい。
Google mapすごい、どんどん進化してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.19

ちょっと浮かれてるのかもしれない

R0011133_3

ごはん鉄鍋とのお別れに、ドバトごはんを炊きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.17

鉄子であることの限界

鉄が好き。道はつかないけど。
特にサビとか溶接の余盛とかに弱い。
やっぱり日常生活でも、鉄製品を選びがちなので、フライパンもごはん鍋も包丁も鉄です。
けど、ごはん鍋はもうムリだ!

使い始めて2年近く、苦労を重ねてきました。
おこげも殆どできなくなった鉄臭の強い鍋まわりのごはんにも慣れ、古代米を入れて炊いたときはドバト色のごはんが炊きあがり、ダイエット用ふりかけよりずっと直截的なビジュアルにも我慢。

原因は分かってる。
ごはんを炊いた直後の手入れが肝要だ、てきぱきと米粒をしつこく落とし、きちんと乾燥させて、ちょっとヒマなときは、茶殻を入れてぐつぐつさせる。薄く油も塗った方がよし。
でもそれが私にはできない。炊いたらすぐ食べたいし、ごはん後は牛のようになるのが至福のひととき、これは奪われたくないです。

最近、好きな食べ物はと聞かれ「白米」と答えた事を発端に、さっきスーパーで「サトウのごはん」に手を出しそうになった時、もうだめだ、と観念。
今、ごはん用土鍋を通販で注文したところです。
炊飯器を買わないのはこだわりがある訳ではなくて、しまえないからです。それと、土鍋通販の「子供が自らおかわりをするようになりました!」「目からウロコです!」等々の言葉にあっさり洗脳されたせいもあると思います。

今後のごはん鉄鍋の行き先は、錫を溶かす為の工作用の鍋にしようかと思ってます。
好きとか言っておきながら浮気した上に、愛人に会いに行くのに妻に車の運転をさせるような狼藉に、我ながら恥じ入ります。鉄、ごめんなさい、でも私、疲れました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.10.11

麻布十番の高架橋脚

Azabujyuban2
パウル・クレー

1azabujyuban222
ホアン・ミロ

3azabujyuban3
マリーナ・アブラモヴィッチ。あ、これはちょっとムリがありました。

首都高C1線、麻布十番交差点の高架橋脚の表情が豊か、偶発絵画だ!
同じ1本の橋脚の三面です、残り一面はグラフティが描かれてて残念。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

築地市場東市冷凍工場

R0010987_4

浅草から日ノ出桟橋まで水上バスに乗ってきた。
橋を12本くぐった。個人的には総武線の橋桁の下の具合が好みだったのに、船の中の解説は総武線だけスルーでした。
そうだ、もう少ししたら、解説が詳しいテクニカルツアーというのもあるようです。

水上バスは見所満載で、右に左に忙しい50分だった。
これは屋根パッチワーク小屋、勝どきあたり。こんど陸地から補完したい。

R0010976_3

それから、水門。
ここのところ、水門の写真集にすっかり心を奪われていたので、目が行ってしかたがない。確かに一つとして同じものはなく、なんというか唐突な色で、でも当たり前な感じでそこにいて、思いきり鉛直面で、役割が一目瞭然で、とても素敵でした。
そして今回気になったのは、地図によるとたぶん汐留川水門。
水門の左に使徒がいる!継ぎ目を立体にまでした、あのふくらみは!

R0011000_4

あと、築地市場の壁を川サイドから。
左が旭冷蔵倉庫、右が東市冷凍工場。これは無くなるのが惜しい。
階段も、ひび割れも、ぽつぽつも、梁重視の文字具合も、とても惜しい。もったいない。

R0010984_2   R0010995_5

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.03

ALPSLAB route で標高を調べる

ALPSLAB route を使って、標高を調べている。楽しい。
自転車やお散歩コースを共有するサイト、けど私はひたすら地下鉄の路線をトレース、↑は都営大江戸線です(クリックすると標高断面グラフも出ます)
このサイトを使う人にとってあんまり必要のないコースだろうな、ごめんなさい、でもこれからあと10線投稿するよ。

ほんとはカシミール3D なら、鳥瞰図も見られるし標高データもcm対応だし、とても使いたいのだけど、mac非対応なので私のPCではダメでした。
でもソフトをダウンロードしなくていいので手軽でおススメです、あ、標高が気になれば、ですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »