« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.27

秋葉原でほれぼれすること

R0011409      R0011406_2

秋葉原の小さい電材屋がならぶ地帯が好きで、よく通っている。
スイッチ、IC、コンデンサ、光源、ケーブル、抵抗、いろんな計測器、真空管、マザーボードのジャンク、あと何に使われてるのか全く分からない美しくて小さい部品達。
いつもほれぼれしてるので、つい盗み撮りしてみたけど、良さが伝えきれてないのが悔やまれる。
ほんとはもっとずっと美しいんだ、カラーリングとか形とか同じものが規則的にならぶびっしり具合とか。小さいのに粒ぞろいでちゃんと役に立ってる姿にもう心をぎゅうっとわしづかみにされてしまう。

先日、LEDと抵抗とコードを買いに行った。
「日亜(会社名特定)のこの新しいやつって何カンデラ?」とか、周りの客がハイレベルなやりとりをするなか、私が初歩的な質問をすると途端に店の人がめんどくさそうな表情になる。
あーしまった、この対応何回目だろう、勉強不足でごめんなさい、とか言いつつお店に行っちゃうから。
今まで、ただ愛でる、という違う使用目的で買っていたから、結局勉強してないまま。
考えてみれば、秋葉原で買った部品を本来の目的で使おうとするのは初めてだった。
4年ほど前、部品達の美しさに衝撃を受けて半泣きになったあの日から、興味のなさそうな友人にまで良さを熱く勝手に語ってたけど、ようやく真の秋葉原デビューを果たしました。
やっぱりニクいくらいステキです、部品達。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.20

ぐんにゃりATM

Pa270375_2    
床面の表示案内はペンキ塗りでなく、テープ貼りも多い。

Pa270374_2
だから年月と共に、心持ちよれよれしたりする。
これは人々の焦燥感がにじみでたよいATM表示です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

偕老同穴

白くて、繊維が重なり合った、細長いみかんネットのような海綿体があります。
そのなかに暮らすエビ(ドウケツエビという)が子供のうちはネットの隙間から出られるけど、子供を産んだ夫婦エビは、もうネットの隙間より自分達の体が大きくて、出られないままその中で一生を添い遂げる。

そんな夫婦エビを飼い殺しにする白ネットのお話を美談として昇華させたのが偕老同穴、白ネットの名前です。
結納の進物としても使われる縁起物らしい。
故事成語の「生きては共に老い、死しては同じ穴に葬られる」を地でいく生物ってことだけど、ほんとにその解釈でいいのか。

調べたらWikipediaに、まれに3匹入っていますって書いてあった。
すごい愛憎劇が繰り広げられている事は想像に難くないです。

これがサイトで拾ってきた部分写真

Photo_2

非常に美しい。全方向から眺め尽くしたい。
縁起物をもらえる立場ではないので、入手方法を知っている方(友達が伊豆方面の漁師等)はゼヒ教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.14

有楽町新線池袋駅

Pb060239_2

有楽町新線池袋駅のホーム壁が剥がれているとの情報を頂いた。ありがとう百さん。
前に行った千代田線根津駅と比較すると、

P8111160

新線池袋壁は1985年に建設されてるから、根津壁の1969年に比べて壁自体がきれい、けどタレはちゃんと健在!パイプ設備やガムテープ具合も見応え充分。
補修の数字が良いなぁ。

Pb060254_4 Pb060252_9

くどくホーム全体端から全部つなげられるようにして撮ったけど、最近壁に費やせる時間が少なく、加工できないです。
むずむずする。あー自己満足極まりないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

大田区のメモ壁

Pb040153    Pb040152_2

Pb040165    Pb040144
太田区南六郷、都営住宅壁の補修チェックがとても自由。

四角で区切ってあるところは何なんだろう、間取り図みたい。
一旦足場を組んで、書くだけ書いて足場を外したってことになるけど、そういう手順で合ってるのか?壁はメモ帳か?
住民の方に伺ったところ、12月には塗り直すらしい。
ラフに仕上げてることを期待しつつ、また見に行きたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.11.02

壁サイトリニューアルしました

壁サイト、リニューアルしました。
見た目はあんまり変えてないです、ポータルページを作ったのと、あと無尽蔵に増やせるしくみに。

現在108枚の壁を掲載。
見せつけられるほうはさぞかし飽きるかと思われますが、これからもねちっこくちょっとずつ増やしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »