« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.26

犬島プロジェクト

Photo

前々の週末に犬島に行ってきた。

犬島は銅の精錬所があった島。
1909-1919年の10年しか稼働されず、銅の価格の暴落のため閉所され、写真の煙突はほぼ使われることがないまま今の姿を保っていた。
そしてこの4月末に、柳幸典さんによる犬島プロジェクト第一期が完成。

直島とからんで、ここもベネッセの福武さんの資金が投入されている。
在る物は生かして、というのが福武さんの理念だとレセプションルームに説明書きが。
確かに遺構は壊さずに整備するだけに留まり、修繕材料も島の花崗岩とコールテン鋼を使って馴染ませていた。
建物も空地に作り、遺構の煙突や銅スラグ(カラミ煉瓦)の特性も素材として扱い、三分一博志さんが、空気の循環システムを使って新たな提案をしている。

柳さんの作品はもともと好きだし、犬島でのアート+建築の作品も、さすが!の出来映えで、この系統の作品はタネを明かしてしまうともったいないので書かないけど、産業遺構をどう扱うのかということに関して少し。

気になるのは「見られること」をどう扱うか。
まずその遺構を歴史的に、教育的に、まち興し的に、とかいろんな観点から残しておいたほうがよいね!という事になる。けど、テーマパークのようにその遺構を主役にした途端、抜け殻になって履き違えた感満載になってしまう、100%見られることだけ意識しちゃダメなのです(でもそういう施設、嫌いじゃないけど)。かといってコンバージョンしますよ!ってのも地震大国日本では、結果的には跡形をとどめられなくなったりするか、もしくは本当に外殻のみになったりする。
そういった意味からは、今回のプロジェクトは「見られること」の価値を分かりつつ、違う角度からの要素も加わっていた。
プロジェクトのHPにもリンクがあるように、エムシャーパークやガスワークスパークとかの考え方を参考にしている様子。でもまだアート頼みだけでは寂しいですが。

個人的にちょっと残念だったのはアート特有の削ぎ落としのなかで、削ぎ落とされてしまったのが銅の精錬所の機能や歴史についての説明だったこと。
その前日に三菱マテリアル直島精錬所のプラントツアーに参加して、新旧の銅精錬所を見比べていたせいか、物足りなかったのです。
現在の銅の電解技術とかすごく面白かったから、その技術が使われる前段階ならではの建物のかたちとか作業の流れとか、関連して分かるともっと楽しいはず!(あ、個人的興味すぎるか)

Photo_2

↑カラミ石を積み上げた壁、かわいいレンガ、たまらないテクスチャ

(注)そうだ、廃墟好きの方に関しては犬島はもう行かないほうが懸命かと。
写真禁止だし、あの整備され感はたぶん受け入れ難いのでは。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.23

池尻大橋駅の穴壁

Photo

東急田園都市線池尻大橋駅の穴壁(メモ付き)
ずいぶん前に情報を頂いていたのだけどようやく行けた。
ありがとうございます、壁冥利につきます。

不思議な事に、渋谷から三軒茶屋へ向かう線路側の壁のみに沢山穴が空いていた。
↓は遠景写真、白っぽくただれて見えるところが細かい穴。
以前この部分になにか貼ってあったのか?と思うけど、穴のピッチが10cmくらいで、しかもちょっとランダムなところも解せないままです。情報求む!

Ikejiri

 
あと、壁に埋め込んであったなんだかわからない配線の姿も、器具に沿う亀裂も、渋い、良い。

Ikejiri2

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.22

象足

Photo

祖母の足を象足と呼んでいる。
足首のくびれがなく、すとんとして象みたいだから。

Photo_2 Photo_3

(左)もんぺのゴムがくい込んで足に跡が残ってる
(右)象足と言われて少し気にしている祖母

なんて愛らしいかたちとシワ、象足に幸あれ!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.15

エタック カヌー で検索

「エタック カヌー って検索してみて」

スティックチャートのエントリに地図師の石川さんから頂いた、この暗号のようなコメントを実践。

そこから分かった事をまず。
エタックは特殊なカヌー航海術のことでした。
春日さんのサイトより抜粋

エタック航法では出発する島と目的の島とを結ぶ線からずれたところに見えない第三の島を想定する。これをエタック島と呼ぶ。エタック島にはプープナパナプ とは違い実在の島が選ばれる。また、島を出てから島が見えなくなるぎりぎりの距離を1エタックとする。これは通常18から20kmである。島から最初の1 エタックをエタキニ・ケンナという。ケンナは見えるを表す。次の1エタックをエタキニ・マーンと呼ぶ。マーンは生き物の意味である。この距離を越えると鳥 もいなくなることに由来する。ここから先はネメタオ、大洋とされる。
さて、船が1エタック進むごとに船から見たエタック島のある(はずの)位置は星座コンパス一つ分づつずれていく(これは絶対ではなく、エタック島の取り方 による。エタック島の設定方法に確たる法則は発見されていない)。この時エタック島は「這う」と表現される。

03kanu

そしてこれが使われていたアウトリガー式カヌー(30人くらいいっぺんに乗れる)

 

スティックチャートの海図は、このエタック航法が使いこなせない若くて経験の浅い航海者用の教科書だということも判明!あぁすごい、地図もいらないんだ。
この航海術で200km先の海までちょっとタバコを買いに、なんてこともあったらしいです。
これぞ真の海の男。

それから、ご本人のエントリへ繋がった。 さすがです、地図博士過ぎます。
以下抜粋

身辺メモ/2006.01.04

野中健一編「野生のナヴィゲーション 民族誌から空間認知の科学へ」古今書院、2004

「海の民」のナビゲーションはちょっとすごい。周囲に島も何も見えない大洋上で、星座によって「方向」を把握しつつ、「エタック」という「見えない(想定された)島」を支点にした「仮想グリッド」に乗ってカヌーは進む。「移動するUCS」とでも言いましょうか。にわかには想像できないような「認知地図」。僕なんか、eTrexの電池が切れた時点で完全にロストして、その日のうちにサメの餌になるであろう。きっと、スリバチ学会長の皆川や、浅草キッドの水道橋博士は、この「エタック」が見えているんだろう。

昨日の段階では、スティックチャートだけで海が渡れるとはなんてすごい人間の能力、かっこいい補完関係って思っていたのが、本当はそんなの初心者レベルで、真の「海の民」はチャート無しで「仮想グリッド」を頭の中で作り上げていたとは!
想像を遥かに越えてました、至れり尽くせりのでか文字地図を頼りにしている私なんて、サメの餌にもならんです。ありがとうございます、本ぜひ読んでみます。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.05.14

スティックチャート(海図)

これは地図です。マーシャル諸島の海図です。

5

日本水路協会のサイトを見ていたらこんな素敵な地図が。
これはかっこいいよ!作りたいよ!

以下説明文

ミクロネシアのマーシャル諸島では椰子の葉の枝柄に穴のあいた小石や貝殻をくくりつけた「スティックチャート」と呼ばれる海図が19世紀から20世紀初頭まで島々の住民に伝えられ、実際に使用されていました。小石や貝殻は島や環礁を意味し、椰子の枝柄は地図の骨組みであるとともに、海流やうねりの方向を示しているのです。

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.08

つくばディティール

Photo_11

Photo_9

101_2

あと、ドアの郵便受けも三者三様でよいです



   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

つくばシンメトリー

Photo_3

Photo_4

Photo_5

つくばの公務員官舎を見学してきました。ドアかわいい。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.03

がびょう 50個


2_2              6_2           Rimg0014   3            5          




| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »