« 犬島プロジェクト | トップページ | 季語は水 »

2008.06.02

第2回水門ツアー

Photo

5/31(土)第2回水門ツアー開催
「荒川ロックゲートでお腹いっぱい」
と題されたこのツアー、まずは陸から荒川ロックゲートを眺め回し、その後船でくぐったり囲まれたり、12時集合なのにお昼ごはんタイム抜きでひたすら鑑賞し続けるという、名実共にロックゲートでおなかいっぱいにするコース。
佐藤さん、参加された29名の皆さん、雨の中どうもありがとうございました。

ツアー詳細は、佐藤さんのレポートに。
takeneさんのレポートと動画も、これは閘門の機能が一目瞭然、すごいです。
それから、tsusaharaさんのレポートも。

今回ツアーで乗った船は、東京水辺ラインの定期観光船「江戸東京ぶらり旅」コース。
葛西臨海公園14:55発、17:00両国着
距離の割には時間がかかるのは、荒川ロックゲートをいったん通り抜けて戻ってくる、その度に水位調整をする為、まさしく荒川ロックゲートが主役の船ですよ!
とても楽しかったです、また乗りたいです。
もしも乗りたいな、と思った奇特な方の為に、水辺ラインのHPではどこを通るかちょっと分かりにくいので、今回のツアールート↓
念のために月2便です、月2便

1

 

そして相変わらず、巨大平面の水門扉はすばらしかった。
荒川ロックゲートのつぎはぎ門扉も良かったし、中川水門↓の水に浸かる部分で変化する、この水色の微妙な感じもたまらない。
めずらしいことに水門まわりに人だかりが。
私たち以外にも水門ツアーをしている人がいるのですね、そうですよね。

Photo_2

水色と言えば、荒川ロックゲートの脇にあった参加者に大人気のこれ↓(名前が分からない、潮位計?)もずるいくらいよいです。

2













|

« 犬島プロジェクト | トップページ | 季語は水 »

コメント

あー、つさんのエントリープラグが・・・
螺旋階段をまとって・・・

投稿: バドン | 2008.06.02 17:51

つさんのエントリープラグ、ハトも2羽とまってましたよね。あと結石をつけて、ピンクに塗り替えたら完璧です。

投稿: kimi | 2008.06.02 23:40

私のエントリープラグですが、とまっていたのはハトではなかったです。たぶんカワウ?
細かくてごめんなさい・・・
結石とピンクはぜひお願いしたいです。

投稿: つ | 2008.06.03 00:36

いいなあ、楽しそうだなあ。

水門なんて興味ネェと思ってましたが、
沼津の巨大水門見て目ザめたかもしんまいw。

投稿: 百 | 2008.06.03 02:03

潮位計らしきもの、まるで螺旋階段が主たる目的でつくられたもののようで、その独立性というか純粋性の高さにクラクラしてしまいました。全般的に見所が満載で、まさにおなかいっぱいになりましたねぇ。コーディネート、どうもありがとうございました。

投稿: hachim | 2008.06.03 02:17

つさん>
カワウなんだ!学習しました。
そうだ、結石で思い出したのだけど、いさんからカラミ石は届きましたか?

投稿: kimi | 2008.06.03 21:11

百さん>
沼津、いいですね!静岡は県を挙げてすごいと聞いています(佐藤さん談)
次回はお誘いしますよー。

投稿: kimi | 2008.06.03 21:14

hachimさん>
そう、あの潮位計らしきもの(つさん所有)は良過ぎますよね。
いえいえコーディネートではないです、コンディショニングです!

投稿: kimi | 2008.06.03 21:17

遅ればせながら、今回はたいへんお世話になりました。
とても楽しい時間を過ごさせていただきました!
また、モノを見る目も養われたように感じます。
多分。

初心者でツアーのお邪魔かとは思いますが
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

投稿: 軸太 | 2008.06.04 00:17

初めてのツアー参加でした。巨大建築物鑑賞がこんなにも楽しいものとは・・・、ちょっと目覚めております。
また、ぜひとも参加をさせていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: 国道 (くにみち) | 2008.06.04 00:36

軸太さん>
橋の裏と鉄塔とクレーンと壁と、、、水門写真も待っておりますよ!こちらこそ本当にありがとうございました。またぜひ。

国道さん>
インフラつながりで親近感を湧いて頂いたのでは、、楽しんで頂けて本当によかったです。こちらこそまたぜひご一緒させて下さい。

投稿: kimi | 2008.06.04 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/21344192

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回水門ツアー:

» 【速報】荒川ロックゲートでお腹いっぱいツアー [Das Otterhaus]
わたしは晴れ男である。わざわざ雨が降る日を船の運行日と決めたのは船会社であるから、船会社が雨男なのだった。 というわけで、しとしと雨の降る寒い中、めでたく第2回水門ツアーが挙行されました。まずは地上から荒川ロックゲートを見学。 これほんとに動くのか?...... [続きを読む]

受信: 2008.06.02 08:56

« 犬島プロジェクト | トップページ | 季語は水 »