« カロプラカ・フラボヴィレスケンス | トップページ | 行程とかたまらないのです »

2008.10.03

30mのサンドイッチ

申し込んでから5ヶ月、ようやく行けた「中央防波堤埋立処分場」見学。
平日のお昼間に仕事を休んだ大人10名で参加してきました。

詳しい写真や内容は一緒に参加した佐藤さん八馬さんのブログで。

中防(略称)の土地は江東区と大田区が所有を争い続けてて、どちらの所属になっても、区のなかで一番標高の高いところ

13

14

そこで、カシミールで色分けをして強調表示。 
この地図の赤いところが標高30m以上。(右は標高の色分けパレット)
真ん中下にある二つの島が中防。ここだけ積み上げられたゴミで標高が高いのです。 
※造成方法は、ゴミと土を積層していく「サンドイッチ工法」
この後南へどんどん埋立が進んでいき土地の面積も2倍に、そして50年後には中防全体が真っ赤になるはず。
ほんとはGPSのログも取っていたので、この図に表示するつもりだったのに、なんでか分からないけど表示されないよ!私のトラブル対応能力の低さが問題だけど!
なので、下の写真の軌跡は大山さんから送られてきたgoogle上のログ。上下を重ね合わせて見てください 。
一日見学ツアーは午前にぐるっと船で中防の外側を一周し、その後バスに乗って午後にお台場からトンネルをくぐってゴミ埋立処分場内を見学というコースです。

11

石川さんによると、ゴミは「シード・バンク」。
一番早く生える植物が、荒れ地に強い北米原産キク科のセイタカアワダチソウ、ヒメムカシヨモギ等とのことでしたが、予言通りセイタカアワダチソウ群落が処分場のあちこちに!そのあと数年経つと頑張った日本在来種のススキとかも盛り返してくるらしいです。植生で土地の生い立ちや年齢が分かるのがすごい、面白い。

※あと中防とは関係ないけど、上の地図のカシミール画像の右上に小さく赤い点が見える場所が、「行徳富士」と言うそう。ここも残土を積み上げた人工地形だけど、ちゃんと標高30m越え。

ガイドの方が「遠くに見えるのがディズニーランドです」とか言ってくださってたのだけど、そんなことよりもこっちの方ずっとネイキッド・アミューズメントパーク。
かっちりと計画されたかたちにゴミが積み上げられゼロから生み出されていく土地に、サバイバルを勝ち得た植物がはびこる荒涼とした風景が掛け合わさって、まさに異風景の地でした。

|

« カロプラカ・フラボヴィレスケンス | トップページ | 行程とかたまらないのです »

コメント

ども。

僕も去年中防行きました。
大学の課題で作っていたドキュメンタリービデオの取材だったんですが、通常の見学とは別でアポを取ったので、敷地内も自分の車で入り、降りてずいぶん歩き回らせてもらいました。

あそこは本当に刺激的なところですよね。
距離的にも生活との関連の上でも身近なところなのに、普通には行けずむしろ隠されている近くて遠いところ。行けてよかった。
そんなところなのに「ディズニーランドが見える」というこの対比がまた面白い。

写真も面白いものが撮れました。

投稿: まる | 2008.10.03 01:30

追記

高さは空港が近いせいもあってこれ以上盛れないらしいですね。
あとは案内してもらった職員さんが趣味でゴミからジオラマを作っていたり、池で魚を飼っているというのが面白かったかな。
今は焼却法が変わったので昔と比べ物にならないくらい綺麗になって仕事も楽だけど、昔は車でネズミの上を走るようなものだっただとか。

オフレコで聞かせてもらった話なんかも面白かったですよ。笑

投稿: まる | 2008.10.03 01:37

小ざかしいことしないでもいろんなものが生えてくるんですね。ゴミから愛。

投稿: 733 | 2008.10.03 16:10

まるさん
おぉドキュメンタリービデオとは!
職員さんの趣味も秀逸ですね、オフレコ話も興味ありです。是非、もうちょっと詳しく−。
本当に刺激的なところでした、時間が経ってもっとじわじわとくるような気がしてます。

投稿: kimi | 2008.10.03 22:39

733さん
ガイドさんからは、ゴミを減らそう!的なお話もたくさんあったのだけど、違う意味で陽のゴミパワーを感じてしまいました。ゴミから愛ね。

投稿: kimi | 2008.10.03 22:43

昔は今より遥かに混沌としていて、危険な職場だったらしいです。
今よりもっと外部の色々な業者が出入りしていて、ゴミにまつわる事なので当然コワモテの方々も多く、よくスコップやらを持ってゴミの丘の上で喧嘩している光景が見られたそうです。
あとはトラックの荷台に火が付いたまま走っていたことがあるだとか、ゴミに混じったガスボンベの爆発事故が結構あったとか、嵐の日に小屋が飛ばされて人が下敷きになったとか…。

昔は今みたいにゴミが灰や細かい状態になっていなかったので、車を入れるには車輪の下にいちいち大きな板を敷いて走っていたそうです。

土地の使用法についてですが、なにぶんしっかりした土地ではないので、基礎工事の制限から用途が限られてしまうそうです。だから結局公園ばかりになるんだそう。
お話を伺った方は、見晴らしがいいので都内に不足しているお墓にしたらどうかとおっしゃっていました。
でも一緒に埋まっているのはゴミ、ということになってしまいますから、遺族感情の問題で難しい気がしますね。

投稿: まる | 2008.10.10 18:47

まるさん
催促すみません、ふたたびコメントありがとうございます!
昔の生の情報、貴重です。確かにタワーに上って、ボードを見てもビデオを見ても、そのあたりのことに触れられている訳もなくて。。(ハエが大量発生した時代に、女性の全身にむらがってる映像は衝撃的でしたが)
土地の利用方法もなるほど、です。
お墓!よい案だと思うんですよねー、私だったら進んで中防のお墓に入りたいです。

投稿: kiimi | 2008.10.11 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/24193137

この記事へのトラックバック一覧です: 30mのサンドイッチ:

« カロプラカ・フラボヴィレスケンス | トップページ | 行程とかたまらないのです »