« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.28

12/13 CET08で壁ワークショップを開催します

2

CET(セントラルイースト東京)08というイベントで、壁のワークショップ&鑑賞会をすることになりました。CETとは、名前の通り、東京の中央東エリア、日本橋、馬喰町、浅草橋近辺の空きビルやギャラリーが会場となって開催される、アート・デザイン・建築を中心としたクロスジャンルの実験場としてのイベントです。期間中に作品展示もする予定ですが、こちらはまた詳細が決まり次第、別途お知らせします。

そしてこのエリアはなんと言っても壁の宝庫です。ワークショップでは、味わいのある建物がいっぱいあるエリアを浅草橋から日本橋まで、みんなで一緒に地球に垂直な面だけを見つめて、壁を探しながら写真を撮り歩きます。師走の忙しいさなかにやっぱり壁なのですが、もしよかったらご参加ください。

開催概要はこちら

12月13日(土)13時 浅草橋近辺集合(予約を頂いた方に後日メールで集合場所をお知らせします)

13:00-14:30 壁ワークショップ
15:00-16:00 鑑賞会 場所 Untitled 地図

ワークショップに参加をご希望される方は、
<info.wallworkshop@gmail.com>まで、名前、性別、年齢、電話番号を明記の上、予約をお願いします。
なお、当日はデジタルカメラをご持参ください。ワークショップ終了後、鑑賞会の為に撮影データをいったんお預かりさせて頂ければと思います。

そして鑑賞会にはゲストに建築事務所OpenA東京R不動産の馬場正尊さんを迎え、企画メンバーの杉浦貴美子、元永二朗中西泰人と共に、ワークショップに参加された方々の写真を時系列に並べてトークをします。こちらは予約不要ですので、直接Untitledまでお気軽にどうぞ。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.11.20

駒込の地図壁

111

一瞬、統計地図のように見えた。
しかも何の根拠もないけど高円寺あたりを連想。

下の地図がイメージ範囲です、道の雰囲気とか似てる気がする。
すこし西にずらして三鷹、武蔵境、国分寺でも応用可能、中央線沿線っぽいです。
茶色いところはさしずめ住宅密集地とか防火地区とかー

19

これは駒込の美容院「アトリエGINZA107」の木製扉の一部。
木の収縮と塗り重ねられたペンキの亀裂が、こんな地図模様を作り上げてました。

11b180711


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.17

ALPOLIC/fr + AL-Clad

Pb080182

久々に根津駅に行ったら、とうとうALPOLIC/frが貼られてしまっていた。
しかも今回はちょっと違う、AL-Cladバージョンがところどころに。
三菱PLASTICSのHPを見てもその製品は見つからなくて、材質的に何が違うのかよく分からないのだけど、私にとって重要なのは、フォントが違う!ことです。前の方が好き、だって立体影付きじゃないし、ボールドじゃないし。

Pb080176

電車側の壁は上下線共に全部貼られていたけど、通路側はまだ前の壁がフェンス越しに覗けた↓。「風洞」メモつきでした、でもこれもあとちょっとの命。

Fuudou_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.09

裁断機の金型

Kanagata2

金型、美しい。
これは、布をたくさん重ねて一気に裁断機で切断するための金型で、上のクローズアップが刃部分。

全景は↓です。
これは赤ちゃん用の鳩のおもちゃの為の金型。
葛飾区のぬいぐるみ業者さんを訪ねた時に見せて頂いたのですが、過程にあって日の目をみないこの金型の、縁の下の力持ちっぷりと、溶接継ぎ目の美しさに、ぽーっとなってしまいました。

Kanagata3

今ぬいぐるみは中国生産が殆どだから、日本で生産しているのは特注の少量生産ものが多くて、金型を作ってもかなりの確率で一回限りの使い捨てになってしまうそう。
美しいのになー、もったいないなー。でも再利用と言っても思いつくのはクッキー型くらいしかないけど。鳩クッキー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »