« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.20

subways at scale 2009 databook

ずいぶんと前に石川さんに教えてもらった素敵なサイト「subways at scale
同スケールで世界の地下鉄路線図が一気に比較できる、こうして見ると都市の形成の仕方とか発展ぶりとかいろんなことが分かる。
Madridは魚釣ってるし、Stockholmは踊ってるし、Parisは案外ちいさくて微生物っぽい。
すごく気に入って何度も眺めていたのだけど、紙でぱらぱらとめくって見たい気持ちがむくむくと湧き、データブックを作ろうと思い立った。それがちょうど一年前。

そこで、それぞれの都市のデータをトレースして、1都市2ページにしてとか、都市名のフォントはUniversにしようとか、線は白黒でキリッとでも手書き風にとか、妄想はふくらみ続け、データ上では一冊の本ができあがってたそういえば。紙もいそいそと竹尾に買いに行ったんだったよ、まだ手元にある。

そうして作りたい欲が最高潮に達していたところに、
「San Franciscoの地下鉄ってこれって半分くらい地上走ってるよ」とか「このデータは新しいの?」との冷静なご指摘が。
あーそっか安易だった、このサイトの作者Neil Freemanさんは、地下じゃなくても地下鉄会社の全域を含める、とか、たぶんご本人の定義を決めてトレースをしていた様子。
あとデータ取得時期はまちまちだけど、6、7年くらいは経ってました。

それならば今のデータを取って、統一基準も作ろうー、と思いつつも、作りたい欲の波が静まったあとは日々に呑まれ、放置したまま、気がつけば一年経ってました。さっきデータ整理をしてたらごそっと出てきたのです、既になつかしい。

例えば、一番のお気に入りだった北京。
1

サイトにある、この途方もなくすてきな余白の抽象絵画は2001年まででした。

 

 

 

2

  

google地図からトレースし直すと2009年はこう。発展しまくってる様子が如実に。
あぁ昔の方がかわいかったよ、なんかふとった歌舞伎役者が見栄を切ってるみたい。

よし、「subways at scale 2009 databook」を作ろう、自分、もう一度。
2009年ならあと11ヶ月以上あるし。
もしも、ちょっとでも見たいな、と思った方は私を急かすといいと思います。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.01.11

元旦の思い出

1月1日午前11時、あぁそうだ元旦の名古屋は寒かった、かじかむ手で肩にカメラのストラップをかけようとした時につるっとさわやかに私のなで肩から滑り落ちていったEー410。アスファルトにたたきつけられてかわいそうに、もう二度と動かない姿になってしまった、ごめんなさい。
しばらく呆然と、自分の情けなさに打ちひしがれながら街をさまよい歩き、みぞれが降ってくる中カップルがけんかしてる脇をこわごわ通ったり、良い壁をみつけてしまったり、それはもう悲しすぎる行脚の様相を呈してきたので、早々に実家に戻ってコタツにもぐりこみました。

冷静になってふと思い出したのは、カメラのキタムラ新宿店の店員さんの言葉。去年の秋にライブビューが突然写らなくなったので修理に出したときに「1回使ったら5年保証は切れますから、もうこの保証書は捨てていただいて大丈夫ですよ。この機種だったら次は修理に出すより買った方が安いかもですねー。」との台詞。知らなかったですその保証システム。よく見ると小ささ極まる文字で書いてあった、そんなだったら題名も「5年保証」じゃなくて「5年間に1回こっきり使える保証」とかにして頂かないと、と思ったんだあのとき私。うっかり人間なので保証は多めに入るようにしてるのに無意味だった。そうだ思えば保険の請求とかってしたことがない!

カメラを落とすのはもっとずっとちゃんと気をつけるとして、転ぶことが人並み外れて多い私がその回数を減らすことをどれだけがんばれるかが問題で、転ぶときにもどうやったらカメラを守れるかという体勢をシュミレーションしてみたりと、大人としての自信を喪失したまま青い顔の私を家族が気遣う中、父がうっかり地雷を踏む発言をして不用意に傷口に塩を塗ったりして、あぁわたしはこのうっかりの血を継いでしまっているんだ、だからこそ気をつけなければ、とぼんやり、しかしながら確実に思った次第です。

結局、仕事ですぐ必要だったので、翌日上位バージョンのEー520を買い直しました。なので、次に私に会ったときカメラの見た目が少し変わっていたとしても、ほんのちょっと目をそらして温かい目で見守っていただければ幸いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.01.08

矢印2009

Rimg00011

222

51010002_2

P829022081_2

11    Rimg00419    Rimg00012_2

矢印って記号として秀逸、しかもとってもかわいいよねー、ってことで、
今年はもうすこし視野をひろげて、地面にも目を向けてみたいと思っています(自分比)

2009年もよろしくお願いします。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »