« 矢印2009 | トップページ | subways at scale 2009 databook »

2009.01.11

元旦の思い出

1月1日午前11時、あぁそうだ元旦の名古屋は寒かった、かじかむ手で肩にカメラのストラップをかけようとした時につるっとさわやかに私のなで肩から滑り落ちていったEー410。アスファルトにたたきつけられてかわいそうに、もう二度と動かない姿になってしまった、ごめんなさい。
しばらく呆然と、自分の情けなさに打ちひしがれながら街をさまよい歩き、みぞれが降ってくる中カップルがけんかしてる脇をこわごわ通ったり、良い壁をみつけてしまったり、それはもう悲しすぎる行脚の様相を呈してきたので、早々に実家に戻ってコタツにもぐりこみました。

冷静になってふと思い出したのは、カメラのキタムラ新宿店の店員さんの言葉。去年の秋にライブビューが突然写らなくなったので修理に出したときに「1回使ったら5年保証は切れますから、もうこの保証書は捨てていただいて大丈夫ですよ。この機種だったら次は修理に出すより買った方が安いかもですねー。」との台詞。知らなかったですその保証システム。よく見ると小ささ極まる文字で書いてあった、そんなだったら題名も「5年保証」じゃなくて「5年間に1回こっきり使える保証」とかにして頂かないと、と思ったんだあのとき私。うっかり人間なので保証は多めに入るようにしてるのに無意味だった。そうだ思えば保険の請求とかってしたことがない!

カメラを落とすのはもっとずっとちゃんと気をつけるとして、転ぶことが人並み外れて多い私がその回数を減らすことをどれだけがんばれるかが問題で、転ぶときにもどうやったらカメラを守れるかという体勢をシュミレーションしてみたりと、大人としての自信を喪失したまま青い顔の私を家族が気遣う中、父がうっかり地雷を踏む発言をして不用意に傷口に塩を塗ったりして、あぁわたしはこのうっかりの血を継いでしまっているんだ、だからこそ気をつけなければ、とぼんやり、しかしながら確実に思った次第です。

結局、仕事ですぐ必要だったので、翌日上位バージョンのEー520を買い直しました。なので、次に私に会ったときカメラの見た目が少し変わっていたとしても、ほんのちょっと目をそらして温かい目で見守っていただければ幸いです。

|

« 矢印2009 | トップページ | subways at scale 2009 databook »

コメント

あけましておめでとうございます。E-520は手ブレ補正も良く効きますし、白トビも少なくなっているそうですし、値段も落ち着いてきましたから、よいタイミングだったのではないでしょうか。前向きに考えましょう。o(*^▽^*)o

投稿: ishiguro | 2009.01.11 07:28

ようこそちょっと大きめボディの世界へ!
E-520と3535で、たぶん全く同じ組み合わせなので、
一緒に出かけるときは取り違えに注意していきたいです。

投稿: つ | 2009.01.11 11:59

ishiguroさん
こちらこそあけましておめでごうございます。ごぶさたしてます。あぁいつか写真おしえてください。
そうですねそうですね、手ぶれ補正は思った以上に有効でびっくりしましたよ!顔認識機能はいらないですがー。

つさん
ストラップが中年男性と少女くらいの差があるので、そのあたりをキーにして選別しましょう。まねっこカメラですがよろしくお願いします。

投稿: kimi | 2009.01.13 01:00

あけまして、おめでとう。今更ですがw。

そして元旦からモノを壊すあたり、
自分も、カーオーディオを壊したのですが、
なんとも言えない、がっかり具合に、勝手にシンパシを
感じております。(←迷惑な話かと思いますがw。)

そうそう。カメラのことで困ったことがあれば、
相談に乗りますよ。オリ○パス限定だけどw。
(↑いろいろコネでゴネゴネ出来るのでw。)

投稿: 百 | 2009.01.21 10:01

元旦という幸先の悪さにわたしもつよいシンパシー。おたがい今年ががっかりな年になりませんように!

そうだった、百さんの力を借りればよかったんだ。この先わたしがまたがっかりなことをする際にはぜひともよろしくお願いします。5年保証なんかよりも心持ち保証の方がうれしい、安心です。

投稿: kimi | 2009.01.23 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/27004713

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦の思い出:

« 矢印2009 | トップページ | subways at scale 2009 databook »