« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

標高マイナス160m

Rimg0033

日本一標高の低い地点(-160m)、八戸キャニオン。
八戸キャニオンとは、青森県八戸市にある住金鉱業(株)の露天掘り石灰石鉱山のこと。

3日ほど青森に行ってました。
上の写真は三沢空港へ着く10分ほど前、機内からそれらしき姿を見つけたので空撮。
到着しだい一番に八戸キャニオンに行こうと思っていたので、少し興奮したあと、思わず全貌を掴んでしまったのかもしれないことに少しがっかり。出会いのシチュエーションは大切なのです。
気持ちを盛り返しつつ空港からレンタカーで1時間後。
↓展望台から眺めた風景。

Rimg0055

Rimg0052

まさしく空から見た風景を肉眼で確認。
でも見渡すは岩肌、展望台からは谷底が見えない!
下の写真中央にある車の小ささで、この鉱山の巨大さを掴んで頂ければ幸いです。

計画ではこの先標高マイナス210mまで掘り進めるとのこと。
ここから10キロある八戸の海岸まで地下ベルトコンベアーで石灰石を運んで輸送している、という解説に心底しびれました。

そして青森にはもう一つキャニオンなるものがあった。
白神山地近くで通りかかったので、せっかくなのでキャニオンついでに。
こちらは「日本キャニオン」。山が崩れてできた渓谷、こちらも石灰質。

Rimg0092

自然が削るか、人工で削るかで岩肌の顔はこんなにも違う。
自然の雄大な景観は人知のスケールや概念を超えた状況にただもう讃辞を送るしかないのだけど、人工景観はその名の通り人が計画したという自分と地続きであることの感覚が、なんだかより心にひっかかってしまう理由なのかもしれんです。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.22

たまる矢印

Photo_9
Photo_10       0180_3Photo_13
2225_2 585828_2         
 

年初より気になっている矢印壁がたまってきたので、記号の指示通りたどりたくなった。

そこで手持ちの矢印をつなげようとしてみたのだけど、
ブログの画像配置のしくみがよく分からないので思うようにつながらない。
あーその矢印は本当はそこじゃないんだよ、もっと巡るようにしたいのに。じゃあもうillustratorで。
とそこまで思って、ふと自分を突き動かす衝動が何なのかよく分からなくなった。
気付けば深夜だ、なのでこのままアップして寝ることにします。

Tee

↑出荷待ちの矢印杭の頭たち。方向性の不一致。

   

    

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »