« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.04

ミクロのとりこ

1_3

昨日から、密買東京サイトで「携帯デジタル顕微鏡」の紹介をしています。
このトップページの画像は迷った末、野口英世の目にしました。
ちょっとこわいかも、すみません。あ、でも、ひるまない方は、記事内でもっと英世の目にアップした画像も紹介してるので、ご覧になってみてください。

くわしくは密買サイトにまかせるのですが、デジタル顕微鏡すごい面白い!
小さな異世界にいったん飛び込むと、戻ってこれなくなりそうです。
やみくもに撮りまくった画像がたまってしまったので、しつこくご紹介させてください。

20100802_11740 Img0103
(左)スイカみたいな赤色の印刷物。マゼンダにブラックのアミ点が等間隔に入る。
(右)グレー単色だと思っていた挿し絵。濃淡によって出る絵柄がかわいい。

Img0213 Img0109
(左)写真集の空の一部分。FMスクリーンという技法をつかうとアミ点が規則的じゃなくてまばらになるそう(「デザインのひきだし」編集の津田さん談)。スーラの点描をほうふつ。
(右)特色をつかっているため、網点の色がCMYKじゃない。だから拡大しても同じ色!

Img0079 Ogawa
(左)白一色で厚く塗られたインキ部分が外壁のようだけど、これも印刷物。ここまで拡大するといろいろと似てくる。
(右)ユーロ紙幣に描かれた地図の拡大。なぜこんなに可愛らしい黄色い丸がいたるところにあるんだろう。紙幣はどの場所を拡大しても絵になる。

Img0076 Img0368
(左)銀色の紙を拡大。ホログラム加工がされていて光が粒状になってみえる。
(右)ガラスにも押し当ててみた。縦に走る線は網入りガラスの針金。肉眼ではみえない気泡も。

Img0381 Img0389
(左)エレベーター階数表示に使われていたLED表示ランプ。
(右)iPhoneの画面。RGBの3色が規則正しく並んでいて、印刷物とは違う色・形のドットがみえる。

もともと自分がミクロ視点だからよりそうなのかもしれないのだけど、半径5メートル以内で余裕で一日遊べます。そしてそれぞれの材料に興味がどんどん湧いてくる。
まだ見つけられていないのだけど、津田さんによると「紙魚」を見た時の戦慄はすごいものだった!!!とのことです。紙魚(=シミ)とは古い本に挟まっていて、開くとたまにささっと走る小さな小さな虫だそう。

あと、人間や動物の皮膚もとても面白いので、次はお盆にじまんの祖母の皮膚をねらう予定です。楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.01

「壁写真展」投稿写真をWEBにアップしました、そして引き続き

銀座リコーギャラリーで開催していました壁の写真展に、お越しくださった&写真を投稿してくださったみなさま、どうもどうもありがとうございました。おかげさまで先週の日曜日に、ぶじ展示を終えることができました。

会期中に投稿して頂いた壁写真を、下記アルバムにアップしています!

1_2

Picasaウェブアルバム「壁」投稿作品
※左のサムネイル、もしくは地図上の壁写真をクリックしてください。投稿して頂いた方のお名前とともに写真が表示されます。

7/14〜7/25の12日間という短い会期中に、なんと計219枚も投稿して頂きました。
遠くはポルトガルの壁からギャラリーのある銀座の壁まで、私は会場のiPadでわくわくしながら拝見していました。

初めは壁なんて投稿して頂けるだろうか、と弱気になって、「街を歩いてみつけたもの、にしたらどうかな?」とか、血迷っていた時期もありました。
でも始まってみれば予想をはるかに超える数!に、とてもうれしくありがたく。
なかには遠方の方から「遠くて展示は見に行けないけど、投稿だけでも参加したいです」などとコメントを頂いたり、あと日を変えて、撮るごとに何度も投稿してくださったりする方も。

複数枚投稿してくださる方も多く、見ていくほどにそれぞれの方の好みがはっきり分かってきます。驚いたり共感したりの連続で、見ていて飽きないです。
地図に壁をプロットすることによって、とたんに壁がもうひとつの顔を持ち始め、輪郭を帯びてくるんだなぁと。
そしてその場所が、既知かそうでないかによっても感じ方もさまざまで、受け取り手によってまたさらに広がっていく。ギャラリーにいるとそうした生の反応を拝見することができ、とてもうれしかったです。

今思うのは、投稿サイトにコメント欄を設ければよかったかな、ということ。
投稿しにくくなってしまうかも、と思いやめてしまったのですが、例えば、周囲には何があったの?壁の材質は?どんな匂い?音は?その時どんな気持だった?とか共有したい、知りたい、と思ってしまったので……

このPicasaアルバムですが、展示終了後も引き続き、投稿をして頂いた壁をアップできたら、と思っています。ぼちぼちと、細々と続けて行きたい所存です。

なのでもし、もしも、気になる壁をみつけたら
<underconstruction1@mac.com>
のアドレスに、写真と位置情報を添えて送って頂けたら、と思います。
そしてよかったら、コメントもぜひ!
※壁でないもの、公序良俗に反するものの場合等アップできないこともありますのでご了承ください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »