« 日本のくつした、中国のくつした | トップページ | チンドン屋のこと、そして一ヶ月 »

2011.01.23

『生活考察』vol.1&vol.2

20100323202340 20101016221152_3

生活考察』という素敵な雑誌があります。
どういう雑誌なのか、まず以下の説明を。

編集者辻本さんのブログよりー

本誌は、タイトル通り、〈生活〉について考えることをテーマにしています。
よって、“ある種の”ライフスタイル・マガジンではあります。
しかしながら、いわゆる定石の「理想の生活」「ワンランク上の生活」及び「理想の生活を実現するためのアイテム」等にとりわけ重きを置きません。かつ雑誌をあげて提案する「スタイル」もとくに持ち合わせておりません。
むしろハナから「スタイルの提案」を放棄し、積極的に多様なスタイルにまみれてみること——そこから、現代を“楽しく”サヴァイブするための術・発想・考え方を模索していきたいと考えております。
実用的な情報ばかりにとらわれ、「考えようによっては得るところがある」かもしれぬ〈何か〉を取りこぼさないように。
『生活考察』は、<生活と想像力>をめぐる雑誌です。

私は昨年の春、たまたまネットで『生活考察』創刊を知り、この魅力的な面々でこの内容!と発売前に予約。役に立つとかHOW TOとか理想とか、溢れる情報にすっかり辟易していた頭にずずっと浸み込んでくる、多様かつ奔放なテキストを堪能しました。

そして次号を楽しみにしていたところ、なんのご縁かこの私にインタビューの申し出を頂いた。テーマはむろん「生活と壁」、とうとうと喋ったせいか結果8頁の掲載となり、のうのうと恥をさらしてしまいました。
なのですが、まあ私の頁はともかくとして、vol.2は連載陣も増えますます面白くなっています。読後、ジャパネットたかたにもシュロに興味津々になりました(読めば分かる)。
ご興味のある方はもしよかったら、どちらからでもご覧になってみてください。
取扱店舗も増えてきているようです。vol.3も楽しみ。

|

« 日本のくつした、中国のくつした | トップページ | チンドン屋のこと、そして一ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/38567762

この記事へのトラックバック一覧です: 『生活考察』vol.1&vol.2:

« 日本のくつした、中国のくつした | トップページ | チンドン屋のこと、そして一ヶ月 »