« 2011年10月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.02.10

『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』

22

『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』が1/31に洋泉社より出版されました。
著者は「東京スリバチ学会」なる学会の会長、皆川典久さんです。

まずは「スリバチ」とは何か?
「スリバチ」は、台地に低地が谷状に切れ込み、3方向が斜面に囲まれたような地形のこと。つまりは台地をスプーンですくったような形状をした窪地を指します。東京は坂が多いまち、と言われますが、こうして台地と低地が入り交じった場所だからこそ、「スリバチ」もたくさんあるのです。

そして、この本の表紙がどこかわかるでしょうか?
ここは渋谷です。渋谷駅がちょうど右中央下くらい。駅を中心にまさにスリバチ状の窪地が形成されている、渋谷は名前とおり「谷」なのです。
本文では地形図に加え、渋谷の台地を刻んできた川についてや、百軒店の由来、スペイン坂の名前がなぜついたか?まで、歴史を含めての解説がふんだんに。

そうした身近な場所を15エリア<六本木・麻布/白金・四谷・本郷・渋谷・雑司ヶ谷・碑文谷・世田谷・幡ヶ谷/笹塚・大久保・田園調布・赤羽・成増・日比谷・日本橋>に分けて紹介しています。この本を読んだ後は、見慣れたはずの場所がまたひとつ違う表情をみせてくれるはずです。

_mihon

[本文P10,11 クリックすると拡大します(相当おおきい)。東京の地形は豊かです!]

そもそも「東京スリバチ学会」の設立は2003年のこと。活動内容は地図を持ってひたすら「スリバチ」を探すというフィールドワーク、最初は副会長の石川初さんをふくむ3名だったとのことです。年を追う毎に人数が増え、今では100名を超えるのでは?という大所帯に(ここ数年ですが私も会員に入れてもらい、年に数回、朝から晩まで坂を登り下り、素敵な窪地をみつけては「良いスリバチですね!」と顔をほころばせています)。
そんな9年にわたる活動や調査の成果が、このたび1冊の本にまとまったという訳です。感慨ぶかいです。

今回、ブックデザインを担当されたのが内川たくやさん。表紙の写真を見直していただくとわかるのですが、題名をかっこよくニスがけしています。これはぜひ、実物を手に取ってみて欲しいです。

そして私は、この15エリアの3Dマップ(段彩陰影図に、道路や線路、名所などの地図情報を重ねたもの)の作成を担当しました。地図を作っている間にも、皆川さんからのゲラが送られてくるたびに歩きたくてムズムズ。完成したらこんなに寒くてまたムズムズ。暖かくなったら早くこの本を持って出かけたいです!もしご興味のある方、よかったらお手にとってご覧下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年10月 »