« 『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 | トップページ | 神秘の「グー」 »

2013.03.06

『コンフォルト』2013年4月号

1200759481_2
 
3月5日発売の『コンフォルト』2013年4月号にて、9ページにわたり壁の写真が掲載されました。
今号の特集は「時間を取り込むデザイン」。
扉に書かれた「人の営みや風に晒された痕跡が残る、そんな空間に惹かれる人が確実に増えています」とのテキストは、まさに私のような人を指しているのかと。
内容はそんな要素を建築に取り入れた長坂常さんや、リノベーションを施した若松均さんなどが巻頭で紹介されています。他にも好きな質感の壁や内装がページをめくるごとに表れ、ちょっとたまらない特集です。
興味のある方はよかったら本屋さんで覗いてみてください。

|

« 『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 | トップページ | 神秘の「グー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/49942785

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンフォルト』2013年4月号:

« 『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 | トップページ | 神秘の「グー」 »