« 鞆の津ミュージアム「Re:解体新書」 | トップページ

2017.07.25

企画展『手描き地図の世界』

Masuda_top2_2
 
今週末より国土地理院併設の「地図と測量の科学館」にて、手描き絵地図師、増田善之助さんの展示が始まります!
 
増田善之助さんは、半世紀以上もの間、こつこつと独力で地図を描き続けてきた方。その地図の精緻な美しさはまるで工芸品のようです。
詳しくは以下の記事に。
 
実は今年の3年に善之助さんは永眠されました。
そして亡くなられた後、ご家族の方の遺品整理により判明したことがありました。それは描かれた地図の総数。前出の記事内には「これまで描かれた枚数は100枚以上」と書いていたのですが、その総数は実は500枚以上もあり、改めて善之助さんの地図への溢れんばかりの情熱を思い知るのでした。
 
今回、「地図と測量の科学館」の展示企画の話があったのは4月、善之助さんが亡くなられてすぐのことでした。善之助さんにそのニュースを伝えられなかったことはとても残念でなりませんが、善之助さんの地図の素晴らしさが多くの人に伝わる機会ができたことを嬉しく思っています。
 
展示は『手描き地図の世界』と題し、なんと江戸時代の地理学者として有名な長久保赤水と並んでの紹介となります。点数は15点、そのうちの1点「江戸と其の周辺」は240cm×175cmもある大作、圧巻です。場所は茨城県つくば市と遠いですが、会期も12月17日までと長いので、お近くにお寄りの際はぜひに!
 
地図と測量の科学館(国土地理院構内)
茨城県つくば市北郷1番
7月28日(金)~12月17日(日)
月曜休
9:30~16:30
入場無料

|

« 鞆の津ミュージアム「Re:解体新書」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174384/71240995

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展『手描き地図の世界』:

« 鞆の津ミュージアム「Re:解体新書」 | トップページ